テーブルトークカフェ『Daydream』新型コロナ対策紹介

新型コロナウィルスの一刻も早い収束を願いつつ、皆様に笑顔で遊んでいただけるよう、当店では新型コロナ対策の強化に努めています

こちらのページでは、当店にて行っているウィルス対策についてお伝えしたいと思います!

「感染のリスクが心配」というお声や「状況が収束するのを待ってるけど、一体いつ?」という話も聞こえてきます。
皆様に安心して利用していただけるよう、各種の対策を行っていますので、ぜひご来店お待ちしています!

以前から感染予防には力を入れています

入店時、全てのお客様に手洗いとうがいを行っていただいています(店員も同様)

感染予防の基礎です
洗面所の混雑中はお待ちいただくことがありますが、全てのお客様に快適に遊んでいただけるようご協力ください。

入店時、全てのお客様に非接触体温計による検温を行っています(店員も同様)

全てのお客様に検温をお願いしています。
検温は体温が高く出やすい額で測定させていただいています。

全てのお客様にマスクの着用をお願いしています(店員も同様)

飛沫防止のため、マスクの着用をお願いしています。
また飲食中はなるべく会話を控えていただきますようお願いいたします。
マスク着用での会話は疲れますので、のど飴などの利用がおすすめです。

営業中は常に窓を開き、店内の換気を行っています

新型コロナウィルスは空中に長い時間停滞するため、換気をすることが有効だと言われています。
そのため当店では、窓を解放し新鮮な空気を取り入れています。
また窓解放に伴い、網戸の設置も行っています。

24時間換気システムを利用し、空気の入れ替えを絶えず行っています

新型コロナウィルスは空中に長い時間停滞するため、換気をすることが有効だと言われています。
ビルに備え付けられた空調システムを利用し、空気を入れ替えています。

貸し出し用のダイスやルールブック、ミニチュア、筆記用具などは回収後全て消毒を行っています

新型コロナウィルスは人が手で触れる場所、特にツルツルとしたプラスチックや金属表面に長時間残ると言われています。
当店では貸し出し用のダイスやルールブック、ミニチュア、筆記用具を始め、貸し出し物は直接戻さず、消毒コーナーに返却していただいています。

手洗い場のタオルを使い捨てのペーパータオルに変更しています

以前は手洗い場に手を拭うためのタオルを設置していました。
しかし新型コロナ対策に伴い、使い捨てのペーパータオルに変更したため、より清潔にお使いいただけます。
また、環境に優しいタイプの製品を優先的に購入しています。

お手洗いに除菌クリーナーディスペンサーを設置しました

お手洗いは新型コロナウィルスならず、衛生面においては特に気になる場所です。
泡ででてくるので、トイレットペーパーがベチャベチャになりにくく、拭き取りが楽になっています。

お菓子は個別包装のみシェア可能としています

TRPGの、特にオフラインセッションとなると、お菓子はセッションを飾る花のような存在でもあります。
現在はお菓子をシェアする場合、全て個別包装のもののみとさせていただいています。
店頭でも個別包装のお菓子を多めに仕入れています。

窓の解放に伴い、虫除けとして天然由来の『ヒバ油』を使用しています

窓を開放し、網戸を設置してはいますが、さらに防虫を目的として『ヒバ油』を利用しています。
網戸に吹きかけると木の良い香りがします。

店舗の席数を減らし、テーブル間の間隔を広く取っています

人の密度が上がれば、感染率も上がってしまいます。
二階では以前の4テーブルから3テーブルに減少、その他のフロアでも適切にテーブル数の調整を行っています。

テーブルを拡張することで、座席間の間隔についても広く取っています

テーブルの数を減らしていても、テーブルに座ればお互い向かい合っての会話が発生します。
当店では、テーブルを拡張し、広いテーブルを利用していただくことで『密』を軽減しています。

空気清浄機を導入しています(以前から)

最も人の行き来の激しい二階にて、空気清浄機を導入しています。
フィルターの物質捕獲サイズは0.09μmとコロナウィルスのサイズである0.1μmを下回っています。

少しでも体調が優れない場合は帰宅を徹底しています(以前から)

店員に無理をさせても、お客様に楽しんで頂くことはできません。
体調が優れない時はちゃんと休んで、回復してからセッションに臨んでいます。

店内清掃は徹底して行っています(以前から)

以前からデイドリームでは利用フロア全体の掃除機がけ(毎日)、テーブル・椅子の清掃(毎日、休日は2回)、お手洗いの清掃(毎日、休日は2回)を始めとし、店内清掃は徹底して行っています。

おわりに Daydreamからのメッセージ

コロナ禍の具体的収束が見込めない以上、店舗は業種を問わず可能な限りの感染予防対策を講じつつ営業を続けていかねばなりません。
お客様にも手洗いなどのご協力をお願いしていますが、同じくらい『ゲーム専用の場所に集まって遊ぶ』という習慣自体を絶やさないためのご協力も、お願い致します。

約20年前『TRPGカフェ』がまだ夢物語として巨大掲示板で喧々諤々されていた頃から、当店の開店以来今日までにTRPG等アナログゲーム類を『遊ぶ場』は増え、環境は大きく変化してきました。その嚆矢として敢えて皆様にお願い致します。せっかくここまで広がった数々の『場』を、どうか続けさせて下さい。

生活パターンの変化、やはり感染が恐いなど、外出しない理由は様々かと思いますが、どんな店舗も例外なく、お客様が来なければ立ち行きません。『治まったら』と言っていると失われてしまいます。店舗と共に感染予防策を徹底しつつ、皆様なりの今これからの『場』の利用スタイルを改めてご検討下さい。